セクハラ 相談マニュアル

セクハラの事例

こんな事もあんな事もセクハラ!?

セクハラとは、相手の意に反する性的な言動によって、仕事や修学にあたり一定の不利益を相手に与えたり、職場や教育の環境を悪化させることで、意欲を低下させることを言います。セクハラには、様々な言動があてはまり、セクハラとして多い行為にはボディタッチや、性的な発言があります。

セクハラが問題になるようになったのは、女性の社会進出が大きく関係しており、職場に女性が増えた事でそこに生まれた性差の差別的な意識が、セクシャルハラスメントを引き起こし、問題になってきました。

セクハラは女性の社会進出があたりまえになるまでは、特に問題になることなく、当たり前な事であると容認されていた傾向がありますが、女性も平等に社会に出るようになり、職場で対等に扱ってもらえない事から、セクハラ問題が生じてきていると考えられます。

しかし、最近では男性がセクハラの被害を訴える事も増えており、セクハラの加害者としては女性の上司や、同性である男性の上司に、男らしさについての言動を日々受けるといった被害が増えているようです。

セクハラは性的な関係の強要や、女性の身体に触わるといった、わかりやすい行為だけがセクハラになるのではなく、セクハラは被害者がセクハラであると感じたら、セクハラに当たるといった非常にあいまいな定義がされています。この為、同じ行為や言動であっても、ひとによってはセクハラに感じることや、なんとも思わないという事があり、加害者には全く故意する部分がなくても、セクハラとして訴えられる事があります。

このような誤解を職場で招かない為にも、職場でのコミュニケーションの取り方は、万人が不快に感じないような範囲で行われる事が求められます。しかし、人によって不快に感じたり、感じなかったりするのは、普段の双方の信頼関係が大きく関係しおり、信頼関係の強い場合は、多少プライベートな発言も不快には感じないはずです。このような信頼関係を結べるよう、職場では普段からさりげなくコミュニケーションをはかり、職場内の誰にも不快感が生まれないような環境作りが、セクハラ防止に最も効果的であると考えられます。

スポンサードリンク

セクハラの基礎知識
セクハラとは
セクハラの定義
セクハラの分類
セクハラは犯罪か
セクハラが起きる背景
同性のセクハラ
男女雇用機会均等法
セクハラのタイプ
逆セクハラ
学校のセクハラ
モラルハラスメント
パワハラ
ドクハラ
スモハラ
セクハラ防止・対策
退職後のトラウマ
相談する
証拠を収集
会社をやめる
我慢しない
セクハラの身体的影響
セクハラの企業責任
セクハラ解決手段
和解
調停
仲裁
訴訟
示談
セクハラと裁判
二次被害
訴訟にかかる費用
セクハラ訴訟率
セクハラの証拠
セクハラにあったら
Copyright (C) セクハラ 相談マニュアル All Rights Reserved